東京の一人暮らし費用の平均は?


東京で一人暮らしをするためには、まず住居のための費用がかかります。東京といっても、都心に近いところと、埼玉や千葉に近いところがあります。都内の家賃にはバラツキがあります。
しかし、多くの人達は、東京では魅力のあるところに住むことを希望します。たとえば、若者に人気のある吉祥寺などは、一人暮らしの人達には、あこがれのエリアです。
吉祥寺でワンルームの家賃相場は、7万円から8万円です。一人暮らしの場合は、家賃のほかに、食費、光熱費、インターネットや携帯の費用、衣類や日用品の購入費、交際費等がかかります。1ヶ月の暮らし方は、人によって様々です。概算をすることは難しいことですが、大体の平均は、17万円くらいとなります。
その他、車を持っている人達には、ガソリン代や駐車場の費用、保険の費用がかかります。また、人づきあいの好きな人達は、外食費やお酒等の費用もかかってきます。
したがって、ある程度余裕をもって、生活のための費用は見積もっておくことが必要なこととなります。毎月の給料でやっていけるような場合には、東京で家賃を払って、一人暮らしをすることが可能となります。毎月の給料の額によって、家賃の安いところにするとか、毎月の食費を安くするように自炊をするとか、衣類の購入の頻度を少なくする等、工夫をして生活をすることで、東京に住むことは可能になっていきます。
住み始めると、毎月かかる費用はとまることなくかかっていきます。したがって、安定した収入があることと、毎月どのくらいの出費をして生活をしているのかを、引っ越す前に把握しておくことが必要になります。何とかなるだろうといきなり東京に出て、一人暮らしを始めても、生活に支障をきたす場合もあります。
部屋を借りることや、引っ越しにもお金はかかります。甘い考えで引っ越すと、何度も引っ越しを繰り返すことになり、お金を減らすことになります。よく検討をして決めることが大切です。
大学生が東京で一人暮らしをお考えならこちらをどうぞ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *