東京の一人暮らし、地方とはどう違う?

東京で一人暮らしをする場合、地方と異なる点は家賃の相場が高いことと、物価も高いこと、東京で手に入れられる食品はスーパーが主になること、人間関係がごくシンプルであることです。そして大抵は不動産業者などからワンルームか1K程度の部屋を案内されると考えられます。
もちろん東京も下町を選べば声をかけてくださる人もいますし、商店街もあります。大家さんなども人により親切にしてくださる方はいますが、基本的に東京での一人暮らしはほとんど他人とのかかわりはありません。また、マンションやアパートなど高い建物が多いために自然はあまり見られないことが挙げられます。ですが東京もわりと広いですので、郊外であれば自然を目にすることもできますし、新鮮な野菜を手に入れることもできます。
東京で一人暮らしをするポイントとしては、スーパーやコンビニが近くにあって、夜も明るい通りであるところにしましょう。防犯の面からも利便性からもそうした立地条件は無難です。また、オフィス街やマンションやアパートの密集地帯は避け、なるべく窓を開けたときにいい景色が臨めるところを選ぶのもポイントです。マンションやアパートのがたくさんあるような場所ですと騒音などで眠れない場合がありますし、窓を開けても見える景色はコンクリートという場面は多々あり、風通しが悪い場合があります。また、真夏は寝苦しくなると考えられます。
風通しが悪いと空気も循環しなくなりますので、精神衛生的にもよくありません。利便性や防犯性から一人暮らしをする場所を選ぶのももちろんですが、精神衛生上の面から考えてよりよい場所を探すことも重要になってきます。東京も治安は地域によりさまざまですが、比較的落ち着いた街で、かつ安全なところを選ぶといいでしょう。昼間と夜で顔が違ってくる地域もありますので、もし一人暮らしをする場合は部屋を借りる前に昼間と夜の状況の両方をチェックしておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *